AGA治療で薬を処方してもらった

鏡を見ているときにおでこがどんどんと広がっているような気がした

鏡を見ているときにおでこがどんどんと広がっているような気がして、以前に撮った写真と見比べてみました。
髪型や髪の長さが違うのでちょっとわかりにくかったのですが、どうやら気の所為ではないようなので非常にショックを受けました。
近親者にはあまり薄毛がいないので、自分には関係がないという気持ちがあったからです。
それに、風邪とか怪我ならば治療をして、しばらく大人しくしていれば元気になりますが、薄毛はどうしたらいいのかわかりませんでした。
とても混乱して気分が落ち込んだので、何をするにも気持ちが入りませんでした。
そんな状態を心配してくれた同僚が相談に乗ってくれて、いろいろと心のなかで溜まっているものを吐き出せました。
すると、医者に診てもらえば今より良くなるかはわからないけど悪くならずに済むから行ったほうが良いと言ってくれました。
自分でもそうしなきゃいけないんじゃないかと思うところはありました。
でも、医者からはっきりと薄毛になったことを告げられたら、もう誤魔化しようがないということで現実逃避をしたい気分がありました。
そんな弱い気持ちを、友人の言葉が吹き飛ばしてくれました。
とは言うものの、薄毛というのは、何科で診療をしてくれるものなのかがわかりません。
そんなときにはネットで調べればいいということで、検索をしてみると皮膚科か内科に行ってみればいいことがわかりました。

鏡を見ているときにおでこがどんどんと広がっているような気がした : すぐにAGA治療を始めたほうが良いと言われました : 数ヶ月、数年と治療を続ければ薄毛に悩まされることはなくなります

薄毛治療 / 大分泌尿器科病院/大分市前立腺尿路結石などの...